研修会/講習会

豊富な事例が最大の特徴です

当センターがこれまでの数々の衛生教育、研修会などで開発してきた独自の方式ABCメソッドを最大限活用します。

より実践的なケーススタディーを取り入れます。
例えば、以下のような実践的なテーマを豊富に盛り込んで、演習、講義などを通じて戦略的に課題解決に取り組んでいく方策を学んでいきます。
  • 不安定就労だが受診を拒否する場合、どのように関わっていくか?
  • 医療機関との連携のしかた、休業期間満了前に職場は何をするべきか?
  • 発達障害との診断が明らかになった場合、安全配慮はどうすべきか?


ご自身の人間力、経験、知力をもとに学んでいくことができます。
  • 精神医学、心理学の専門用語に頼らず、親しみ易い表現、わかりやすい図解で解説します。
  • 専門資格取得を目指しませんが、専門資格と同等もしくはそれ以上のレベルを目指します。

研修コース例
  1. 人事・総務担当者 プロフェッシヨナルコース
  2. 管理職 危機管理・マネージメント力アップ
  3. 新入社員 初期トレーニングコース(個人面談によるアセスメント込)
  4. 精神科医/産業医 実務研修コース
  5. 保健医療専門職 メンタルヘルス対策基礎・応用コース

研修施設について
  • 職場内(研修対象者が収容可能なスペース・会議室など)
  • 当センター内の研修室(最大30名収容)でも実施可能です。
  • 社内研修では研修対象者が集合しやすい利便性がありますが、社外研修の場合、社内研修に比較して集中力、学習力は大きく向上します。
  • 御社のご要望に応じて、最適のメニューをアレンジします。
  • 医療と労務、そして教授法に精通した専門家による研修コースに是非ご参加ください。

このページの先頭へ